トップ / 学校に行くということ

学校の規則に関する情報

学校の存在意義について考える

学校という所は一体何をするところなのでしょうか。この問いに対しての答えは、勉強するところという答えが圧倒的に多く出てくるものと考えられます。確かにこの答えはもっともな回答なのですが、ただ実際に今現在、その現場において起きている出来事などを考慮しますと、ただ勉強だけで良いものなのかというような疑問さえ浮かんでくるのです。学校を卒業した後も、その後の進路が上手くいかないような方もいらっしゃいます。ただ通学して、勉強している、というだけよりも、夢を持てて、将来に希望が持てるような時間が過ごせるのがベストですね。

学校は素晴らしいところ

何か勉強したいと思ったら学校に行きましょう。今はいろいろな種類のものがありますので、大人でもそこに通うことで専門的な勉強ができます。勉強は子ども達だけのものではありません。勉強したいという欲求は、子ども達よりむしろ大人のほうが強いとも言えます。勉強することに年齢は関係ないのです。また、いくつになっても物事を学んで知識を広げたいという気持ちを持ち続けることは大切です。そして一生懸命勉強している姿は魅力的で輝いて見えます。学校は知識を広げてくれるのと同時に、人間としての輝きを与えてくれる素晴らしいところです。

© 学校内での生徒のランク. All rights reserved.