トップ / 学校での敬語について

学校の規則に関する情報

学校で敬語を身につけよう

学生の間は、同じ生徒との話ばかりで、なかなか敬語を話したり学んだりする機会は少ないです。しかし学校には必ず敬語を使うべき教師という存在があります。最近の教師は生徒に親近感を覚えさせるために、言葉づかいを強要する場面は少なくなってきましたが、親の立場でしたら子供にしっかり教育するべきです。実際に、ピアノや習字など、おけいこ事では教師が生徒に言葉づかい、入室のマナーなどから学ばせる場面もあります。学校以外で学んだとしても、そういう事が出来る生徒とできない生徒では、社会に出てからやろうとしても身につけるのはなかなか難しいもの、是非日頃長時間過ごす場所で言葉づかいを学ばせたいものです。

体育館のボール

敬語を使うのはなぜか

学校では、先生や先輩に対しては敬語を使うことが常識とされています。なぜ、使わないといけないのかというと、先生や先輩は敬わなければならない存在だからです。目上の人に、ため口で話してしまうとあまり良い印象を持たれません。そして、学校では、敬語を使うことの重要性を学ぶ場でもあります。大学の面接や会社の入社面接のときに、ため口で話してしまうと、一発で不合格になったり、印象が悪くなってしまう恐れがあります。しかし、きちんとした言葉づかいで話すことができれば、相手に好印象を与えることができ、合格率は格段に上がります。

© 学校内での生徒のランク. All rights reserved.